So-net無料ブログ作成

札幌炎神@狸小路 [リフレッシュ休暇]

まずはこの画像をご覧ください。前日夕方のテレビのニュース、天気予報のコーナーです。
1.前日夕方のニュース.jpg

札幌の最高気温がマイナス4℃[exclamation] 最低気温に至ってはマイナス9℃[exclamation×2] なんとまぁ、大阪では絶対にあり得ないこの気温。かなり寒い日のスキー場並みの気温です。その場合、通常雪は大体パウダーになるほどなんですけどね[雪]
ちなみにこの日、
つまり私たちが札幌を散策した日の気温は、北海道においてさえ年内でも何回もない冷え込む1日になる、との予報なのでした。

そして、私はこの旅最大の失敗を犯したのでした。それは、ヒートテックのタイツを履かず、Gパン1枚で極寒の札幌を散策してしまったこと
この日(5日目)は朝9:40発のバスでニセコ→札幌への移動だったため、タイツを履かずにバスに乗りました。バスの中は暖房が効いており、あえて暖かい格好をする必要はないだろう、履いたらかえって暑いくらいだろう、タイツは札幌のホテルで履けばいいや、と考えたわけです。

ところが昼食~市内散策に出かける際にタイツを履くのを忘れてしまったわけですな。歩き始めて少しして気が付いたのですが、今さらホテルに戻るのも面倒くさくなり・・・・そして私は失敗の深みにズルズルと埋没していってしまったのです[もうやだ~(悲しい顔)]

次回の画像を見ればわかります、私がこの後、どんな場所をGパン1枚で歩いたか。地元民ならともかく、大阪人の私がすべきことではなかったということが・・・・。

さてこの日の昼食は味噌らーめん。今回の北海道旅行2杯目のラーメンです(妻は初めて)。
今から18年前、レギオンとの戦いを前にガメラがその巨大な足で踏み抜いた狸小路にそのラーメン店はありました。

2.狸小路.jpg

札幌 炎神(えんじん)さん。派手な店構えですな~(^^; ん? おっと、これはガメラか? ガメラなのか!?
3.外観.jpg

このとき時刻はすでに13:40。なのに結構お客さんは入っており、私たちの直前に2組、直後に1組が入店し、その5分ほど後には高校生カップルがやってきて私たちの隣りに座りました。かなりな人気店なんですね、間違いなく。

椅子はこんなふう。
旅館の部屋付露天風呂の脇に置いてあるような、失礼ながらラーメン店には似つかわしくない立派な椅子。実際、座り心地はよかったです。
4.立派な椅子.jpg

珍しくテーブル調味料はなし。潔いですね。こういうの、私は嫌いではありませんし、よほど自分の出すラーメンスープに自信があるのでしょう。結構なことだと思います。
5.テーブル調味料なし.jpg

ところで店には、入り口近くの券売機で食券を買ってから案内されます。
いろんな種類のラーメンがあったのですが、妻も私も「店1番人気」とのポップがあった炎の味噌ラーメン2012をチョイス。大盛でもないのに780円/杯は結構割高。さてこのラーメンはその価値はあるのでしょうか。

そうこうしているうちに炎の味噌ラーメン2012が着丼。
6.炎の味噌ラーメン2012.jpg

正直、
「なんだ、こりゃ[exclamation&question]
でした。
し、白いぞ、これで味噌ラーメン? まさか京都じゃあるまいし白味噌を使ってるなんてことは・・・・? 
でもこの色はやはり白味噌を使っているとしか思えません。
(ちなみに我が家のお雑煮は白味噌仕立てです。関東ではあり得ないでしょうな~(笑)

スープを一口。うん、やっぱり味噌ラーメンであることには間違いない。ただ、その感覚はかなり抑えられています。新千歳空港で食べたけやきさんとは、同じ味噌ラーメンとは思えないほど全く別物の味わい。
そして、この味を一言で表せばマイルド。ポタージュスープのようなまろやかさが口いっぱいに広がります。
長野やけやきさんのラーメンのように、味噌っぽいピリっとした辛さがない。皆無。ただこのラーメンではその部分は糸唐辛子が代用しているようでした。噛むと結構ピリッと来ましたからね。

それにしても、味噌ラーメンを食べているという実感はあまりしなかったです、正直。
これは通常の、これまでの味噌ラーメンとは一線を画している。味噌ラーメンの進化型
とでもいいましょうか。いつもの味噌ラーメンの感覚で食べると絶対に違和感を覚える。そういう味噌ラーメンだと思います。

トッピングはまず前述した糸唐辛子。これは最近では塩ラーメンに合わせるケースが多いのですが、味噌にも合いました。黒い空豆を彷彿とさせたキクラゲはかなりぶ厚い。これだけぶ厚いキクラゲは初めて食べました。この歯応えはよかった。大阪でも手に入らんかな? ・・・・無理だろうな・・・・[もうやだ~(悲しい顔)]
7.糸唐辛子ときくらげ.jpg

チャーシューはブロック型。これまた歯応えがgood[exclamation] 麺は太縮れ麺。特筆すべき点はなし。
8.ブロックチャーシューと太麺.jpg

メンマは普通でした。麺人ばろむ庵さんの材木メンマを食べ慣れている身には完全に役不足。まあ、こればっかりは仕方ありません。あんなに美味いメンマを出すばろむ庵さんが悪い[exclamation](←とばっちり(笑)) ばろむ庵さんと名古屋の好来軒さんのおかげで、私の中のメンマの及第点は格段に上がってしまいました(笑) 滅多な店ではこの両店を超えることはできません。

完食。あったまったけど・・・・外は氷点下の極寒の世界・・・・
9.完食.jpg

さ、行くか。もう14時を過ぎてる。まずは歩いて時計台を目指すとしましょう。


nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 11

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1