So-net無料ブログ作成
検索選択

(その6)生まれて初めてクエを食す [和歌山の旅]

和歌山の冬の味覚の華ともいえるクエ。白浜温泉をはじめ、冬の和歌山ではクエは一番の名物です。天然物に加え、現在は近畿大学の養殖のクエも市場に出回り、「近大クエ」として最近つとにその名を上げてきました。その味わいは淡泊かつ弾力があり、フグを越えるとまで言われています。
[右斜め下] ネットで拾った画像

49.クエ画像.jpg

食事の時間は事前に申告する必要もなく、決められた時間内に行けばよい、とのこと。ただし、18~19時は多少混むとのことでした。
昼間にたっぷりと歩いて少々空腹だった私たちは、やや早めの18時頃、食事処に向かいました。食事は「オーシャンダイニング 紀伊の国」というところでいただきます。

1.食事はここで.jpg
2.ほいほいと歩いて.jpg

ほいほいと歩を進めてダイニングへ。ん~~、フロントのお姉さんの言っていた通り、やはり混んでいます。
3.結構混んでるぞ.jpg

しかしさすがに大規模ホテル、結構奥の方にも席がありました。私たちが案内されたのは窓際の席で、言ってみればオーシャンビューの一番いい席[るんるん] これは多少お高いコースをお願いしたからでしょうか。部屋番の指定はされずに2人分の席が事前に準備されており、そのコースを頼んだ客は、そのコースが準備された席のどこに座ってもいい感じでした。実際、私たちと同じコースの客が私たちの背後に座っておられましたからね(つまりオーシャンビューですね)。まあいいお席でラッキーでした[揺れるハート]

私たちがお願いしたのは、「天然クエ スタンダードコース」。この上に【プレミアム】 天然クエ フルコースというものがあります。その差は値段にして約6,000円で、内容は
・クエの胃袋ポン酢掛け
・クエの生春巻 野菜ジュレ掛け
・クエの鉄板焼き(山椒塩とハーブ岩塩を添えて)
・クエのあらだき

が増えます。
まあ、スタンダードで十分でしょ、との感覚で、私たちは安い方のコースをチョイス。高い方だと食べきれないのでは、という危惧もありましたし。

で、事前に準備されていたもの。
4.はじめに置かれていたもの.jpg

あとのごはんやお味噌汁、漬物、サラダ、デザートなどはバイキング形式となり、自分で取りに行くわけです。
12.あとはバイキング.jpg

バイキングには、案外うまかったごぼうポン酢
13.手前はゴボウポンズ.jpg

サラダ
14.サラダや.jpg

ところてん
15.ところてん.jpg

これは加太産ひじきワカメかき揚げ。バイキングのおかずとしては私が唯一いただきました。かき揚げという割にはサクッとした食感はなく、柔らかな感じでしたね。
16.加太産ひじきワカメかき揚げ.jpg

私は食べなかったけどケーキなどのデザートも充実していました。
17.デザートも充実.jpg

では、いよいよ天然クエ スタンダードコースに行きましょう。コースの内容はこれ [左斜め下]
5.天然クエスタンダードコース.jpg

まずはクエの煮こごり。ぷるぷるの煮こごりは、コラーゲンたっぷりという感じです。
6.クエの煮こごり.jpg

掛けられていたラップを外すと・・・・
7.クエ鍋.jpg
8.これがクエだぁ~.jpg

これがクエですか・・・・たしか博多では「アラ」と呼ぶんですよね。この辺りはネット友のpoohさんがお詳しいと思いますので、もしよろしければご意見などを頂戴できれば(^^)。

さあ食うか・・・と鍋に火を入れたら、クエの薄造りが運ばれてきました。少し遅れてクエのヒレ酒も。
9.クエの薄造り.jpg
10.クエヒレ酒とポン酢.jpg
11.クエヒレ酒.jpg

ちなみにこのポン酢は1本/人あり、残ったらどうぞお持ち帰りください、とのことでした。結果的に2人で1本で済みましたので、1本はお持ち帰り[るんるん] このポン酢、結構濃厚で味もよく、いいお土産になりましたよ[わーい(嬉しい顔)]

これはクエ鍋の薬味。一般的なネギともみじおろし。
18.クエ鍋の薬味.jpg

こいつが予想通りに美味であったクエの唐揚げ。鍋の具材のクエもそうでしたが、かなりな歯応えです。魚のものとは思えないその弾力は、やはりフグと似たものでした。弾力という点からは、フグよりも上かもしれない。熱々の唐揚げはビールにもピッタリで、うまうまでした[わーい(嬉しい顔)]
19.絶品クエ唐揚げ.jpg

これは鍋の最後の方のクエの身ですね。
先ほども書きましたが、ホントに、淡泊ながら美味しい魚でしたわ[揺れるハート]

20.鍋も終盤.jpg
21.すんごい弾力のある身.jpg

ビールのアテにごぼうポン酢をつまみながら・・・・
22.ビールのアテにゴボウポンズ.jpg

さあ雑炊だ[exclamation]
23.さあ雑炊だ.jpg

玉子を投入し、
24.玉子を投入し.jpg

うまそ~~~~[揺れるハート]
25.うまそ~.jpg

で、最後にデザートです。私のデザートはこれ(笑) 真っ赤ですな[わーい(嬉しい顔)] こういうことができるのが巨大ホテルのいいトコロ。小さな旅館でのバイキングでこれは、さすがに顰蹙ものですからね(^^; 
もっとも、これがデザートと言えるのか、という問題はさておきます(^^)

26.これが私のデザート(笑).jpg

もうお腹いっぱいの大満腹。
それでは部屋に戻って一服し、その後で夜の海峡を望む露天風呂に行くとしましょうか。


nice!(10)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 10

コメント 6

pooh

こんにちは(^_^)
お~高級魚のクエが登場ですね!そうなんです、福岡ではアラと呼び、グルメ漫画の美味しんぼにも3回登場したようです。九州でもなかなか味わうことの出来ないご馳走なので、天然クエのコースは羨ましい限りです。
クエは薄造りと鍋はいただいたことがありますが、唐揚げはまだです。弾力があって美味しそうですね。次回、クエを食べる機会があれば注文したいですが、いつになるやら。美味しいレポをありがとうございます(*^_^*)
by pooh (2017-04-01 16:45) 

きいちゃん

加太は和歌山県、一応近畿地方ですが、瀬戸内海国立公園の一部です。その風景がきれいに撮れていて素晴らしい。
次は是非鯛を食べに行ってください。
それと日高や由良の民宿でもクエを食べてみてください。
今年の桜は、まず岐阜、滋賀、奈良とまわり、そのあと福島、山形と予定していましたが、全国的に開花が遅れているようですので、予定の修正が必要のようです。
桜と紅葉は難しい。まあそれがおもしろいといえばおもしろいのですが。
何回目の弘前城の桜だったか、とっくに散った後だったけれど、リンゴの花が満開で、岩木山にとても映えてきれいだったことを思い出します。
by きいちゃん (2017-04-02 14:50) 

遠霞(とおがすみ)

たっぷりとクエを召し上がっていますね~
鍋、薄造り、唐揚げとなるとたしかにフグと同じような扱いですね。フグより美味しいのか・・・うーーん、いつかは食べてみたい!
最後のデザートは、、、、サラダとしてならともかく、これをデザートと呼ぶ人は他にはいないと思いますよ。
by 遠霞(とおがすみ) (2017-04-02 16:52) 

ヒロ

poohさん
私のリクエストに応えてご登場いただき、ありがとうございますm(_ _)m
クエの唐揚げは、大袈裟ではなく本当に鶏の唐揚げ並みの弾力でした。ビール好きの私には垂涎の一品、是非おススメです。

きいちゃん
鯛(のコース)は満幸商店さんでも勧められたのですが、ここで満腹になるわけにはイカン、ということで遠慮しました。妻と二人ではたぶん食べきれないだろうし。
民宿のクエ、ですか。たしかに美味しそうだ・・・・。

遠霞さん
はい、たらふく食べてきました。関東ではクエは食べられているのでしょうか。あまり聞かないですよね。フグはしばしば聞きますが。
最後は、あまり甘いものを食べない私には「ベストデザート」ですね(笑)
by ヒロ (2017-04-03 22:01) 

きいちゃん

和歌山は今頃からけんけん鰹、夏にかけて太刀魚、はもがとても美味しい。
知る人ぞ知ると思っていますが、絶品です。
またおでかけください。
by きいちゃん (2017-04-04 22:06) 

ヒロ

きちゃん
返コメが遅くなりすみません。ケンケン鰹は先日テレビで見ました。鰹は大好きな魚なので、いろいろ調べて是非行ってみたいと思います。情報、ありがとうございます。
by ヒロ (2017-04-09 23:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: