So-net無料ブログ作成
検索選択

(その4)湯宿 和泉屋善兵衛~施設編~ [信州松本の旅]

美ケ原温泉のお宿は、湯宿 和泉屋善兵衛さんです。当初はダンカミさんやみーしゃさんご夫妻が泊まられた御宿石川さんに予約の電話を入れたのですが、女将さんがケガをされ6月までお休みとのこと。これはもう仕方がありません。
そこで各宿のHPをいろいろと見比べ検討した結果、
・貸し切りの露天風呂(内湯も)があって
・食事も選べて
・一度食べてみたかったとうじそばのコースがあって
ということで、湯宿 和泉屋善兵衛さんに決定。「和泉」はウチのクルマのナンバープレートの地域名でもありますし。(実際は三河地方にある地名だそうです)
場所は【ココ】(←クリックどうぞ)。ちょうど前述の石川さんの並びです。

斜めから撮った外観。なまこ壁が特長的です。そしてこの壁は、この後も宿の内部で目にすることになります。
1.なまこ壁の外観.jpg
帳場。古き良き時代の旅館ってこんな感じでしたよね。ここに限らず和泉屋善兵衛さんは、昭和の香りがあちこちに漂っている感じでした。
3.帳場と.jpg
ここもそうかな、帳場向かいのロビー。朝食後はここでコーヒーをいただくことができます。
4.ロビー(朝、コーヒー飲めます).jpg
大型テレビはちょっと浮いてる(笑)
5.大型テレビが鎮座.jpg
これは翌朝。ご主人(もしくは従業員さん?)が蕎麦を打っておられました。このそばが夜に食べられるわけです。
6.翌朝.jpg
7.そばを打つ職人.jpg
少し行くと廊下の脇に飲泉所。流れ出ているのは水ではなく温泉。だから冷たくはなく温かでした。
8.飲泉所.jpg
そして半露天の廊下を通り
9.廊下を通り.jpg
さらに進んでゆきます。木の廊下や黒光りする立派な木材が積み重ねてきた歴史を感じさせますね。
10.廊下を歩む.jpg
そして、道路に置かれたすのこを渡って新館へ。夜間はこの扉は閉鎖され、階段を上がって2階の渡り廊下経由で本館と新館を行き来することになります。
11.道路を渡り.jpg
12.新館へ.jpg
建物の中にもなまこ壁があります。これは蔵を囲むようにして上屋を建てたからではないかと思われます。
13.建物の中にもなまこ壁(蔵を改造).jpg
さてゴールは近い(^^;
14.ゴールは近い.jpg
ようやく到着した部屋は新館の「みずばしょう」。
15.ようやく到着.jpg

お待たせしました、ここで館内の案内図をご覧いただきましょう。館内は奥行きがハンパではなく、まるで迷路です。
2.内部は迷路のよう.jpg
私たちが泊まったのは宿の最も奥にあるお部屋。「深奥」と言えば大袈裟?(笑)
でも、最も露天風呂に近い部屋のひとつではあります。ただし、貸切風呂に行くには入口の鍵をフロントまで取りに行かねばならず、逆にこれはとても面倒くさかった。2回目の貸切風呂は、ちょうど外出から帰ってきたら鍵がフロントにあったので部屋から取りに行く手間は省けたものの、入浴後はやはり持っていかねばならなかったので面倒でした。

さてお部屋です。さっそく寛ぐ妻。
16.妻は寛ぎ.jpg
それを横目にカメラを構える私。
17.私は撮影.jpg
窓からは、貸切風呂の天井が見えます。
18.貸切露天風呂の屋根が見える.jpg
広縁には冷蔵庫。
19.広縁に冷蔵庫.jpg
 
その奥に洗面とトイレ。洗面の脇の備品は比較的充実?
20.その奥に洗面とトイレ.jpg
21.この辺りは充実?.jpg
丹前はそでのないタイプでした。
22.丹前、バスタオル.jpg
あとはまあ普通の温泉旅館とかわりはないです。
23.ひとまとめに.jpg
では次は・・・・お楽しみのお風呂にしましょうかね[いい気分(温泉)]

nice!(9)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 9

コメント 4

みーしゃ

ヒロさん、始まりましたね!
和泉屋さん、すごーい、迷路ですね!
次は酒井屋さんや石川さんへどうぞ ^^) _旦~~

石川さん、今予約を閉じています
女将さんによれば
6月はほんの数組の常連さんしか受けなくて、それでテスト的な
稼働してから、折を見て予約を再開するそうです
まだ、新規や回数の少ないお客様を受け入れる自信がないって
この間話しておりました

夏には本格稼働になるのかなと思います!(^^)!
by みーしゃ (2017-05-24 09:40) 

ヒロ

みーしゃさん
そうですね、次は是非石川さんに、と考えています。いつになるか予想がつきませんが(^^;

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※ダンカミさんへの変態ストーカー野郎が、またぞろこのブログに出現しました。本当に気持ち悪い奴です。常に「自分が一番正しい」と信じている奴ほど手におえない恥知らずはいません(散々他国を貶めておいて恬として恥じない隣国のように)。出現、即削除で対処したいと思いますので、よろしくお願いいたします。
by ヒロ (2017-05-26 23:52) 

遠霞(とおがすみ)

おはようございます。
ここって、どちらかというと小さいお宿が多い美ヶ原温泉のなかで、結構大きなお宿なんですね。私も一度だけこの温泉街には行ったことがあるのですが、さらに奥にあるホテルみたいなのが大きいなあと思った記憶があります。こちらのお宿は、奥行きがかなりある複雑な形状のお宿なのですねぇ~
手打ちの蕎麦、きっと美味しいんだろうなぁ・・・

by 遠霞(とおがすみ) (2017-05-27 09:06) 

ヒロ

遠霞さん
ひとつ巨大なホテルがあって、そこが有名みたいですね。松本の友人も、「美ケ原温泉に泊まる」と言ったら、そのホテルの名前を言っていました。和泉屋善兵衛さんも、多少大きいとはいえそれでも15部屋ほどです。
手打ちの蕎麦、美味しかったですよ~♪
by ヒロ (2017-05-27 15:40) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: