So-net無料ブログ作成

古市古墳群を歩く(その3) [百舌鳥・古市古墳群]

お弁当でお腹を満たした後は、羽曳野市役所の南にある古墳へ移動。わずか2~3分で到着したのが向墓山(むこうはかやま)古墳。これはその案内板。この古墳の南にある墓山古墳の倍冢です。
52.向墓山古墳案内板.jpg
53.陪塚ですね.jpg

墓山古墳。これも大きいです。古市古墳群5番目の大きさ。古市古墳群は圧倒的に前方後円墳が多いのですが、この墓山古墳もその例に漏れない。古墳時代中期の典型的な古墳とのことです。
54.墓山古墳.jpg
55.その案内板.jpg

この小さな倍冢は野中古墳だったかかな? もう、ホントにすぐ近くに、普通に住宅があります。
56.浄元寺山古墳.jpg

野中宮山古墳。公園と隣接していて、桜並木は近所の方の憩いの場となっているそうです。
57.その案内板.jpg
58.野中宮山古墳.jpg

中央やや左のくびれは、前方後円墳の丸と三角の接点。こちらはその形が象徴的。
59.仲哀天皇陵古墳.jpg

[右斜め下] これはアイセルシュラホールという、藤井寺市の文化施設。もちろん「修羅」をイメージしたもの。というかそれそのもの。ようこんなものを建てたな、と考えて調べてみたら、やはりバブルのあだ花でした(苦笑)。・・・・4枚目の全体像はwikipediaより拝借。
60.アイセル修羅ホール.jpg
61.よくもまあ.jpg
62.こんなもん作ったもんだ.jpg
77.アイセルシュラホール.JPG
63.修羅の使い方.jpg
64.巨大古墳の類型と変遷.jpg

ここでトイレなどをお借りしつつ、次の割塚古墳へ。この古墳ウォークもそろそろ最終盤に入りつつあります。
65.陪塚の割塚古墳案内板.jpg

で、最後のハイライトは仲哀(ちゅうあい)天皇陵古墳。ここは古市古墳群3番目の大きさ。仲哀天皇は、(その2)で紹介した応神天皇のお父上。つまり、仁徳天皇の祖父にあたるお方です。
66.中哀天皇陵古墳.jpg
67.その案内板.jpg
68.宮内庁案内.jpg

前方後円墳のあのくびれが周囲の散策道から伺えます。このカーブも古墳好き垂涎らしい。これは古墳西側の画像です。くびれの箇所がよくわかりますね。
69.カーブが美しい.jpg

少し歩いて辛國(からくに)神社に到着。裏から入ったので本殿まではすぐ。
70.辛國神社.jpg

藤棚の藤の花がほぼ満開でした[ぴかぴか(新しい)] この薄めの紫色・・・・上品でよろしいですね~[るんるん] 藤の花には個人的な思い入れがあって、私は大好きなのです。
71.藤棚がきれい.jpg
72.藤の花.jpg
73.稲荷さん.jpg

この鳥居。大きな特長があります。わかりますか? 私は言われてみて初めて、ははぁ~~と納得。
(もっとも普段はそんなにまじまじと見ないけど・・・・(^^;)
74.この鳥居が凄い.jpg

それは、左右とも木を接いでいること。見事な出来栄えとでもいいますか、結構自然な感じでした。宮大工さんの腕、おそるべし。
75.接ぎ木されてます(右の柱).jpg
76.左の柱.jpg

そしてこの参道は大阪みどりの百選というものに選ばれ、それ以来参拝客が増えているそうですよ(No.63)。
http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/25974/00195639/hyakusenn.pdf

このあとは葛井寺(ふじいでら)という西国三十三観音霊場第5番札所でもあるお寺がゴール。そのあと、近くの藤本雅一酒造醸でお酒を試飲~解散となりました。


8km+αの古墳巡りのウォーキング。歩いては止まって説明を聞き、の繰り返しでかなり疲れましたが、でも行ってよかった[わーい(嬉しい顔)] 普段は歩かない道を歩き、そこにあるのは知っていても何ら興味も抱かなかった古墳を知り、名前を教えられ、自分の生まれ育った土地にあらためて愛着を感じました。
一度歩いてみるだけで、本当に街の印象はガラッと変わります。クルマで通りかかって、「あ、ここを入ったらあの古墳に着くんだ」と思うだけでも全然違う。本当に行ってよかったです。

よし、次はGWの間に堺の百舌鳥古墳群を歩いてみるか[exclamation×2]
でも、調べてみると(古市古墳群にもあるらしいですが)古墳群巡り用にレンタサイクルもあるとのことです。しかも電動アシスト付き。これはいいな。天気のいい日に必ず行こう。

その際はまた紹介しますので、よろしくお願いします。

nice!(8)  コメント(2) 

nice! 8

コメント 2

きいちゃん

おはようございます。
仁徳陵が有名なので、百舌鳥古墳群はなんとなくイメージできたのですが、古市古墳群はぴんときていませんでした。
今回のヒロさんのレポートで認識があらたまりました。
世界遺産に登録されるといいですね。

話は変わりますが、国宝仏を見るのが、旅行のサブテーマの一つである私にとって、今回のヒロさんのツアーのスタートの道明寺とゴールの葛井寺は是非に行きたいところです。18日に。
大阪の国宝の仏像がある寺5つのうち4つがあるこのあたりは私にとって憧れの地です。五木寛之の百寺巡礼、これもサブテーマの1つですが、としても西行終焉の弘川寺、そして国宝の寺でもある観心寺がありますし。

5月は新潟の温泉に行ってきました。B級グルメで新潟五大ラーメンの一つ三条のカレーラーメンを食べてきました。古くから地元で愛されている店はおじちゃんおばちゃんが多い。

5月はこの後実質初めてのドイツに行く予定です。今回はベリリンとドレスデンを中心に回ります。フェルメール5作品との出会いが楽しみです。
by きいちゃん (2018-05-15 08:06) 

ヒロ

きいちゃん
世界遺産に登録されるとそれはそれで大変だそうですが、まあ私にはあんまり関係ないし(笑) ただ、役所に勤める友人は何かと大変そうで、先日久しぶりに会った時はげっそりしてました(^^; 
南河内には是非お越しください。本文には書きませんでしたが、近鉄南大阪線、土師ノ里~道明寺間には「道明寺カーブ」といって、鉄ちゃん垂涎、世界でも有数のR(短距離でほとんど直角に曲がる)を持つカーブもあります。
ところで、前にも書きましたが、きいちゃんが訪れた数々名所を私は知りたいです。是非どこかで紹介してほしいです。よろしくお願いします。
by ヒロ (2018-05-15 20:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。