So-net無料ブログ作成
検索選択
ラグビー ブログトップ

「ブライトンの奇跡」 [ラグビー]

『ブライトンの奇跡』 

今後、この試合のことはこう呼ばれるのではないでしょうか。あるいは『ブライトンの衝撃』か『歓喜』か。
(南アフリカにとっては『ブライトンの惨劇』でしょう)

日本時間の9/19の深夜、9/20の早朝。
第8回ラグビーワールドカップで、日本代表が34-32で南アフリカを破りました。私はこの瞬間を家のTVで生中継を観ていました。

「W杯史上最大の番狂わせ」と称されたこの試合、生で観ることができた幸せを今、噛みしめています。

これまでも時折り書いてきましたが、私はラグビーを観るのが大好きで、年に1~2回ですが花園ラグビー場や長居スタジアムに観戦にも出掛けます。もちろん日本代表の試合も、TVで放送されれば欠かさず観ていました。

でも・・・・これまで日本はW杯は毎回欠かさず出場してきたのですが、その間の戦績は何と1勝21敗2引き分け・・・・[もうやだ~(悲しい顔)]
はるか24年前の第2回W杯でジンバブエに勝ったことがあるだけであり、今回の出場国の中でもぶっちぎりの『最低勝率国』でした。(・・・・4分2厘です。1割にも満たないわずか4.2%。消費税率の約半分)
常に“最弱国”のレッテルを貼られ、相手国にとっては確実に1勝を見込める相手であり、予選で同じプールになった国は喜びの声を上げたと言われています。

翻って南アフリカ。
世界ランキング3位の世界屈指の強豪国。過去7度のW杯で最多タイ2度の優勝を誇り、今回も当然ながら優勝候補の一角。たしか、『最低勝率国』の日本に対し、『最高勝率国』ではなかったかな? 何かの報道で、実況の英国のアナウンサーが
「最高勝率国と最低勝率国の戦いです(苦笑)」
と言った、というのを読みました。 

日本が南アフリカに勝つ、ということは、私が例えて言うと
「高校野球の優勝校がメジャーの地区優勝チームに勝つ」
それに付け加えるなら、9回裏2アウトで逆転2ランを打って8-7で勝った、ということでしょうか(笑)
ネット上では
「桐谷美怜が吉田沙保里に勝つ」とか「ヤムチャがベジータに勝つ」(ドラゴンボールを知らないとわからないネタ)、「具志堅用高が数学オリンピックで優勝する」だとかムチャクチャ書かれていましたが、まあそれくらいにモノスゴイ歴史的な、今後長くW杯で語り継がれるであろう奇跡が起こったということなんです。

正直に吐露しますと、私も試合が始まる前は勝てるなんて夢にも思っていませんでした。
記録的大敗だった20年前の対ニュージーランドのスコア、17-145とまではいかないまでも、30点差くらいの敗けならまあいいか、くらいの期待(と言っていいものか)しかなかったのです。
これはおそらく99%以上の日本のラグビーファンが認めないまでも感じていたことで、勝てると考えていたのは選手とスタッフくらいだったのではないでしょうか。
ラグビーを知らない方にはほとんど実感がないと思いますが、上記の例えほどの実力差なのです、本当に。

さて。
試合序盤は日本が先制したのですが、直後に逆転。あ~、やっぱりアカンか・・・[ふらふら]
ところが日本は南アフリカに連続得点をさせない。引っくり返されても突き放されても食い下がる。体格に勝る相手に低いタックルをぶちかまし、2人がかりで倒す。根負けした相手が反則を犯し、得たペナルティゴール(PG)を五郎丸が着実に決めてくらいつく。
前半終了時点で10-12。ラグビーの試合でこの時点の2点差なんて、あってないようなものです。

もうこの時点で鳥肌ものなのですが、それでも勝てるなんてまだ思っていませんでした。いつものように後半、特に残り20分を切ってから圧力に耐え続けてきた日本の足が止まり、連続得点で突き放されるのではないか。そんな危惧がどうしても頭を離れません。

ところが。
実際に足が止まったのは南アフリカの方でした。前半から、日本のタックルミスを見逃さず、さすがのトライを決めて来ていましたが、後半の途中で日本の反則に対しトライを狙いに行かず、PGを選択した時は、私が思わず「何やと~[exclamation&question]」と声に出したほど。これは実際には考えられないことなんです。普通、日本のような格下相手では嵩にかかってフォワードで攻めつけてトライを奪いに行くのがセオリーなんですから。それが、より確実なPGを選択するということは、トライを取るのが難しいと選手が判断したということ。この時点で精神的に日本が南アフリカを凌駕していた、といっていいと私は思います。

一番しびれたのは最後の最後です。(この時点で私はもう涙をボロボロ流していたことを告白しておきます)
ゴール前で相手が反則を犯し、日本が同点狙いのPGを狙わずスクラムを選択した時。あの南アフリカを相手に真っ向勝負を挑むなんて、そんなことをこの目で見ることがあるなんて、この期に及んでまだ夢を見ているようでした。
そのとき、会場がどわ~っとどよめいたのがはっきりわかりました。英国でも判官びいきがあるんですね~(^^) 
同点でもすごい、歴史的なことなのに、あくまで勝ちに行くその姿勢。本当に鳥肌が立ちました。
そして、最後の最後の最後、ラストワンプレー。ロスタイムゆえに誰かが小さな反則をしてもボールが外に出ても日本の敗けというシチュエーション。そこで逆転のトライを決めるなんて、あまりにも劇的過ぎて小説でも書けることではありません。

その瞬間、私は号泣してました。未だにあのロスタイムの逆転トライのシーンを見ると鼻の奥がツーンときて、目がじわりと熱くなります。

ラグビーは、番狂わせの起こりにくいスポーツなんです。全身でガツガツぶち当たりますから、フィジカルの差がモロに出るため、どうしても番付通りの結果になりがち。日本選手権でもなかなか大学生は社会人に勝てないでしょ?(たしか1980年代に慶応大学がトヨタに勝ったのが最後のはず) アレです。
それがまさか南アフリカに日本が勝つなんて・・・・間違いなく、日本より英国の方が大騒ぎになっているはずです。

とまぁー、ここまで熱気に背を押されて長々と書いてきましたが、日本ってラグビーのことを知らない人が多いんですよね。たしかにルールが煩雑なので見る気がしないという人は多く、気持ちもわからないのではないのですが、ルールがわかればこれほど面白いスポーツはなく、鍛え抜かれた肉体が芝生の上で躍動する様はサイコーです。

でもまあ、問題はこのあとの3試合ですね。次は23日のスコットランド戦。めっちゃ強いですよ、ここも。通常なら10回やって1回勝てるかどうかのチームです。(ちなみに南アフリカは「100回やって1回すら無理ちゃう?」くらいの相手だったんですけどね)
番狂わせの起こりにくいスポーツですが、是非もう一度番狂わせを起こし、実は番狂わせでもなんでもなく日本の実力が飛躍的に向上していたことを世界に見せてほしいです。

次のW杯は4年後にわが日本で開催されます。是非今大会では目標のベスト8に進出し、次回開催国としての矜持を見せてほしいと願ってやみません[ぴかぴか(新しい)]


ラグビートップリーグ2011-2012シーズン開幕戦 [ラグビー]

あびんこ亭で美味しい塩ラーメンをいただいた後、あびこ筋を北上し、長居公園へ。目的地はその一角にある金鳥スタジアムです。となりの長居スタジアムに比べると規模は数段劣りますが、サッカーJリーグ・セレッソ大阪の試合も開催される競技場。

今日はここでラグビーのトップリーグの開幕戦が行われるのです。

神戸製鋼コベルコスティーラーズ VS NECグリーンロケッツ

関西では根強い人気の神戸製鋼、ボクが高校生のときから応援しているチームです。S-IMG_0860.jpgS-IMG_0861.jpg

試合開始(13:00)の約1時間前に着いたのですが、ピッチではお笑いのスリムクラブがトークショーをやっていました。(下の画像の赤いTシャツの2人)  真栄田くんでしたっけ、大きい方の人が昔ラグビーをしていたそうです。S-IMG_0863.jpgS-IMG_0864.jpgS-IMG_0866.jpg

試合途中の画像はなし。なんか、撮影したらアカンということを係員が案内していましたので。別の案内では三脚やバズーカでの撮影禁止と言っていたのに、実際はどうなんでしょう?

試合は応援していた神戸製鋼が大差で勝ちましたが、肝心の後半(ボクはバックスタンドの神戸製鋼側に座っていました)、近くでの攻防がほとんどなく攻められっ放しで、不満の残る試合展開でした[ちっ(怒った顔)]

[右斜め下] これが試合結果ですが、電光掲示板が変な写り具合に・・・?S-IMG_0870.jpgS-IMG_0871.jpgS-IMG_0872.jpg

今シーズンのラグビーの試合は、あとは1月に花園で何試合かを観る予定です。

今日(11/3)は稲こき(脱穀-1)でした。もう肩が痛くて痛くて・・・・[ふらふら] 詳細は後日。


ラグビートップリーグ 近鉄ライナーズvsトヨタヴェルブリッツ [ラグビー]

「麺や 紡」で腹ごしらえをした後、府道を東へ走り、近鉄花園ラグビー場へ。今日は近鉄vsトヨタ自動車のリーグ戦です。開幕戦以来の観戦[exclamation] 会社がらみでチケットをもらったので、タダなんです♪

でも、うっかりしていました。今日が2試合あるのに気がつかなかった。迂闊でした。12:00からの豊田自動織機vsリコーも観ることができたのに・・・・もしそうなら「麺や 紡」にも朝1から並び、あんなに待つこともなかったのに・・・・。次回以降への反省点とします。

(次回の花園開催は11/27、このときこそ!!)

01.花園ラグビー場-1.jpg

ここが「聖地」とも称される、近鉄花園ラグビー場!

02.花園ラグビー場-2.jpg

22.プロムナード.jpg

競技場に向うプロムナードにはこのようなオブジェ(?)が。ゴールポストを模しているのでしょうか。

 

 

 

 

 

 23.プロムナード-2.jpg

また、路面にはこんなタイル(?)がいたるところにあります。

 

 

 

 

 

03.トヨタテント.jpg

トヨタ自動車のテント。ここで引換券を入場券に交換してもらいます。

05.うちわとチケット.jpg

ウチワももらいました。結構大型。

 

 

 

 

 

 

 04.ゲートを抜けると.jpg

ゲートをくぐれば芝生の緑が眼に鮮やか~[exclamation×2] 試合が始まって数分というタイミングでした。

06.近鉄攻撃.jpg

07.得点掲示板.jpg

スコアボードの向こうにはサブグラウンド。高校ラグビーでは当然ここも使用します。

08.ラインアウト.jpg

ラインアウトのボールを近鉄の選手がキャッチ! この後、同点トライまで結び付けました。

生駒山.jpg 

メインスタンドから見た生駒山の風景をパノラマにしてみましたが、山並みがずれてしまった・・・・[ちっ(怒った顔)]

うまくいかへんなぁ~[もうやだ~(悲しい顔)] 

 09.ハーフタイム.jpg

ハーフタイム時は11vs11のタイスコア。ここまではメインスタンドで観戦していましたが、ハーフタイムでバックスタンドに移動しました。以後はバックスタンドからの画像です。

10.ライガー君.jpg

トヨタ自動車のマスコット、ライガー君。年齢は2億7万歳くらいだそうです。デーモン小暮閣下より大分年上だ。それにしてもオマエ、目つき悪いゾ(笑) 

11.メインスタンド.jpg

 ↑ バックスタンドからメインスタンドを撮影。先ほどまでは向かって右上のほうに座っていました。

12.近鉄応援団.jpg

こちらは近鉄の応援団。さすがホーム、人数も多い。 

 

 

 

 

 

 

13.選手再入場.jpg

ハーフタイム後、選手の入場。そして後半のキックオフです。

14.後半開始.jpg

15.トヨタ得点.jpg

ペナルティキックでトヨタ自動車が得点。旗が舞うのはどのスポーツも同じ。

16.激戦.jpg

そして激闘は続く・・・・。近鉄の集中力が素晴らしく、攻められながらもゴールを割らせません。

17.シンビン.jpg

この人は、悪質な反則をやってしまったため一時退場(10分間)を命じられています。これは「シンビン」と言う、ラグビー特有のルールです。この間、チームは14人で戦わなければなりません。

18.負傷退場.jpg

トヨタ自動車の選手が負傷退場。近鉄の厳しい防御の犠牲、というか成果というか、すごいタックルを連発し、しょっちゅうターンオーバー(相手ボールを奪い取ること)をしていました。

19.近鉄歓喜.jpg

そして試合終了。トップリーグで近鉄がトヨタ自動車に勝つのは初めてとのことで、歓喜の様子が清清しい。ボクはチケットをもらった関係でトヨタ自動車を応援していたのですが、ま、しゃーないな。

21.選手挨拶.jpg

試合終了後、選手がスタンドの前に並んで挨拶。前から3番目に座っていたので、選手の表情などもよく見えましたよ。それに人と人とが激突する「ドスっ」という音も聞こえました。長居陸上競技場と違ってスタンドとグラウンドが近いので、迫力が違いました。選手の踏んでいるのがタッチラインですからね。

20.試合結果.jpg

試合の最終結果。近鉄の見事な逆転勝ち[exclamation×2] やっぱりラグビーはおもしろいです。それに、先にも書きましたがやっぱり専用の競技場はいいですね[グッド(上向き矢印)]

最後に脇の道路から撮ったメインスタンドの裏側を。関係者入り口はここにありました。24.メインスタンド裏側.jpg

 

 

 

 

 

 


ラグビートップリーグ2010-2011 開幕戦 [ラグビー]

昨日(9/4)、大阪市長居スタジアムにラグビーのトップリーグ開幕戦を観戦に行ってきました。長居スタジアムは5万人収容の大きな競技場で、過去には2002年W杯・日本VSチュニジア戦、2007年世界陸上が行われました。また、大阪国際女子マラソンのスタート&ゴール地点で、Jリーグ・セレッソ大阪のホームスタジアムでもあります。

IMG_1151.JPG

 IMG_1152.JPGメインスタンド入り口

IMG_1153.JPG 神戸製鋼のグッズ販売テント

IMG_1154.JPG近鉄のグッズ販売テント

 IMG_1160.JPG

バックスタンドの画像を繋げてみました。赤い座席で「OSAKA」と読めるんですよ。ここはモロに西日が当たるので、試合開始後しばらくはかなり暑く、かつ逆光で見にくかったはず。後の神戸製鋼の試合のときは、「OSAKA」が読めなくなるほど人が入っていました。

ちなみに入場者数は11,000人足らずといったところ。

1試合目の近鉄ライナーズVSリコーブラックラムズ戦は、メインスタンドの右側(リコー側)で観戦しました。

IMG_1168.JPG近鉄&リコーの選手入場

IMG_1170.JPG

 

 

 

 

 

カメラマンも所定の位置へ

 

IMG_1171.JPG 

このお嬢さんは水を選手に運ぶ係。

 

ピッチ上では芝生保護のためにスポーツドリンク等は禁止で、水のみに限られます。 

 

 

 

IMG_1173.JPG

ハーフタイムの夕焼けがきれいでした。

IMG_1174.JPG 試合は白熱。選手の声がよく聞こえます。

IMG_1175.JPG

試合は、近鉄が30-14で勝ちました。

(その後ボクは神戸製鋼側に移動)

次の試合は神戸製鋼コベルコスティーラーズVSクボタスピアーズ。大八木や平尾が伏見工業にいるとき(わかる人、います?)からのラグビーファンであるボクは30年来の神戸製鋼ファンでもあり、今日観戦に来たのはこの試合のためといっても過言ではありません。ましてやWTBの大畑選手は今年限りでの引退を表明しています。一ラグビーファンとしては、絶対に行くぞ! という気になるわけでして・・・・

IMG_1178.JPG

ボクの注目の2選手。この二人は年齢は離れてはいますが、大阪のラグビーの名門・東海大仰星高校の先輩後輩。WTBとFBでどんなコンビネーションを見せてくれるか楽しみです。

IMG_1179.JPG神戸製鋼とクボタの選手入場

IMG_1182.JPG

試合は完全に神戸製鋼のペース。見事な守備でゴールを割らせない!

 

IMG_1183.JPG

夏場のゲームですので、ウォーターブレイクなるものがあります。

 

 

 

 

 

 

IMG_1185.JPG

神戸製鋼、3本目のトラ~イ[exclamation]

 

 

 

 

 

 

IMG_1186.JPG

  IMG_1187.JPG

 

 

 

 

 

 

 

ハーフタイム。右はマスコットのコーロクン。ちなみに誕生日は10月21日だそうです[exclamation&question]

IMG_1189.JPG

 

オーロラビジョンの画面です。この中にボクがいます(笑) 

さぁ、ヒロを探そう! 拡大表示はしないよ。

IMG_1191.JPG背番号14が大畑選手。ピンボケゴメン。

IMG_1193.JPG

おっしゃぁ~[exclamation]  もうすぐトライだぁ~[exclamation×2]  あと1m~ぅ[exclamation][exclamation×2]

んが・・・・(呆然)

IMG_1194.JPG

こらぁ~、それはないやろ!(怒)

IMG_1196.JPG

次のトライもこれかぁ~(怒怒) 

前の奴の横断幕のせいで、シグナルをするレフリーとトライをした選手の頭しか見えんかった(黄色の丸印)。

犯人はコイツだ              ↓

IMG_1197.JPG

喜ぶのもいいですけど、ちょっとは後ろの人の迷惑も考えてくださいね!

IMG_1198.JPG

まあ、でも勝ちました。相手をノートライに抑える圧勝! 

IMG_1199.JPG

試合後、観客に挨拶する選手たち。勝ってくれてこっちもうれしいよ!

わざわざ見に来た甲斐があったというもんです(^▽^喜)。

で、後先考えずに帰りに買っちゃった、神戸製鋼のTシャツ・・・・。いつ着よ?

IMG_1207.JPG

 

ちなみに小旗と応援パンフレットはくれました。

来週は長居スタジアムのとなりのキンチョウスタジアムで行われる、トヨタ自動車ヴェルブリッツVSコカ・コーラウエストレッドスパークスの試合を見に行く予定です。


ラグビー ブログトップ