So-net無料ブログ作成
みやま温泉 民宿みやま ブログトップ

民宿みやま@志賀高原スキー+α一人旅 (その7) [みやま温泉 民宿みやま]

22日(土)

15時頃スキーを終え、一旦宿に戻って荷物をまとめたあと、スキーウェアのままクルマに乗り込んで今夜の宿に向かいました。向かった先は民宿みやま

場所は【ココ】。上林温泉のすぐ近く、オリンピック道路の沓野・渋ICの脇にあります。ここは自家源泉を持つ宿で、露天風呂はみやま温泉 わくわくの湯と呼んでいます[いい気分(温泉)] 湯田中温泉郷のすぐ近くにありながら独自に「みやま温泉」を名乗っている理由はそういうところにあるわけですな。

当初、上林温泉もしくは渋温泉に宿を探したのですが、何せ一人旅。まして土曜日の宿泊ともなれば、これは志賀高原のスキー宿以上に探しにくいだろうと考えました。それに、自分としてはどうしてもはずせない露天風呂のある宿が少ない。それなら民宿はないかな? 民宿なら一人旅でも簡単に泊めてくれるんじゃないかな? 露天風呂のある民宿、こういうのはないやろか?

で、その条件を元に湯田中などの温泉を探しまくったところ、この民宿みやまがヒット。問い合わせたところ1人泊まりでもOKとのことでしたので、予約を入れたのでした。

1.外観.jpg

2.外観-2.jpg

3.入ったトコ.jpg引き戸を開けて入ったところはまったくの民家そのもの。

下には熊の敷物。 

 

 

 

 

4.部屋-1.jpg

部屋にはすでに布団が敷いてありました。これは助かり~♪

 

 

 

 

 

5.部屋-2.jpg床の間にはテレビ、タオル、浴衣、ポットなど。

ASICSのバッグはボクのです(^^) 

 

 

 

 

 

6.景色-1.jpg窓からの景色-1。 

 

 

 

 

 

 

7.景色-2.jpg

窓からの景色-2。駐車場にはボクのクルマ。

つまり、1枚目の画像の2Fの窓がこの部屋、205号室に当たるわけです。

 

 

 

 

スキーウェアを脱いで普段着に着替えたら、さっそく露天風呂へ直行です[いい気分(温泉)] このためにわざわざ連泊を止めてこっちに来たんだ。楽しみ~[るんるん]

8.渡り廊下.jpg

露天風呂には、この渡り廊下を歩いて行きます。

 

 

 

 

 

8-2.渡り廊下-2.jpg

短い階段を過ぎたその先のドアを開けると・・・・

 

 

 

 

 

 

16-2.立寄湯入口.jpg立ち寄り湯のお客さんのための出入口。一人ずつ出入するようになっていました。 

 

 

 

 

 

9.休憩所.jpg

立ち寄り湯のお客さん向けの休憩所。食事もとれます。おじさんが一人、ビール片手に寛いでいました。

 

 

 

 

 

9-2.脱衣所.jpg

ドア(画像なし[ふらふら])を開けると更衣室。

 

 

 

 

 

 

あれ? ここ、内風呂はないのか?

そうです。ないんです。ここは露天風呂オンリーという、思い切った設定の宿。大雨のときはどうするんだ? 

11-2.洗い場.jpg

洗面台の左にあるドアを開けると洗い場(床暖房)。

 

 

 

 

 

 そして、露天風呂。待ち望んだ雪見露天・・・・

キタ~~~!! 

 おお~っ、これはよさそうだぞぉ~[exclamation]

 16.島.jpg 

右の壁上の樋からは、二筋のお湯が流れ落ちています。打たせ湯にするには熱すぎるそうです。 

立ったままシャッター[カメラ]  掛け湯のあと、浸かる・・・・。下の画像はいきなりの入浴目線。

14.入浴目線.jpg

 うぅ~~~、なんという気持ちよさだ・・・・生きててよかったぁ~(^o^)

 熱すぎず、温すぎず、ちょうどいい湯温。この温泉に入りたくて、ボクはココを選んだんです[exclamation]

15.連結左S.jpg

連結してみました。上手くなくってごめんなさい。

12.これも洗い場.jpg

露天風呂脇の建屋。サウナかと思いましたが、4人分くらいの洗い場でした。ここも床暖房(^^)

 

 

 

 

 

11.洗い場を見る.jpg

湯船から洗い場を見て。洗い場から湯船につながる石畳は、ここも床暖房が入っていました。冬場の露天風呂には必須設備ですね。

お、右下にマイ桶がちらりと(^^) 

 

 

 

 

13.但し書き.jpg

但し書きがありました。

確かに浮いていました。 

 

 

 

 

 

10-1.湯の花.jpg

これは湯の注入口。桶で受けています。中は・・・・?

 

 

 

 

 

10-2.湯の花-2.jpg

はい、正解[かわいい]

湯の花です。白~いのがたっぷりと溜まっていましたよ~♪ 個人的にはわざわざ溜めなくても湯船に投入すればいいんじゃないかと思うのですが、それをすればおそらく清掃とかが大変なのでしょうね。

 

 

 

いい湯のあとは夕食です。

最初に全部が並んでいました。民宿料理の満漢全席とでもいいましょうか、ボリューム満点[exclamation×2]

17.夕食.jpg

S-17-2.夕食.jpg

   すき焼き                     天ぷら

S-17-3.夕食.jpg

 レンコンとごぼう、にんじんのきんぴら  信州そば   生卵(すき焼き用)  漬物

S-17-4.夕食.jpg 

 とんかつ    ?魚の西京焼き 

これに味噌汁とごはんでした。ごはんは自家製だそうです。ウチと一緒だ(^^)

これだけ食べるともうお腹イッパイ[わーい(嬉しい顔)] かなり満腹になりましたよ[ぴかぴか(新しい)]

18.夜の露天風呂.jpg

夜の露天風呂・・・・幻想的な佇まい。近づくとレンズが曇ってしまって、これくらい離れないとうまく撮れませんでした。

硫黄臭がまたいいよなぁ・・・・[いい気分(温泉)]

娘と同い年の多部未華子が結構好きなボクはTV『デカワンコ』を観てから、22時頃には早々と就寝[眠い(睡眠)]

23日(日)

さて、次は朝ごはん

20.朝食.jpg 

解説なしの定番料理です。

あ・・・・出た[たらーっ(汗)] 大豆の発酵食品・・・・しかも一番手前に[あせあせ(飛び散る汗)]

え? 「出されたものは残さずに」がモットーだったんじゃないのか、って? そりゃまあそうだけど、でもあかんモンはあかんし。

で、『モットーVS好き嫌い』の争いの結末はどっちが勝ったかって? 

ご想像にお任せします(^^;

21.朝の駐車場.jpg

朝、起きたとき、駐車場のクルマはこういう状態になっていました。10cmくらいは積もっていたかな?

(網戸越しに撮ったので変な模様が入っています)

この宿は、土曜日&一人での宿泊で8,000円でした。入湯税込み。22:00~6:00まで入浴できませんでしたが、それでも計4回入りました。十分堪能させてもらいました。

雪見露天サイコーです[exclamation×2]

最後に、朝6時過ぎに入ったときの動画を[揺れるハート]  入浴目線です。音も入っています。気持ちよかったなぁ~、このときも[黒ハート]

 


みやま温泉 民宿みやま ブログトップ