So-net無料ブログ作成
検索選択
本(その他) ブログトップ

『ダイ・ハード4.0』 マーク・ボンバック著/堺三保 訳 [本(その他)]

言わずと知れた大ヒット映画の原作。
先日『ダイ・ハード』シリーズ全4作がテレビで放映され、ま、そのほとんどを飽きもせず観てしまったボクなのですが(1,2,3はVHSのビデオで持っているんですが、にもかかわらずテレビでやるとつい観てしまいます)、今度は本棚で眠っていた原作を引っ張り出して再読をしたのでした。
ダイ・ハード4.0表.jpg

ダイ・ハード4.0裏.jpg

思えば第1作が映画館で封切られたとき、ボクは千葉県市川市に住んでいました。もう20年以上も前の話。総武線で通勤していたボクの目に、年末に映っていたのが錦糸町駅前の映画館の大看板。当時はこんなにおもしろい映画だとはつゆ知らず、結局大画面では観ずじまい[たらーっ(汗)]
後日ビデオをレンタルして観て、「なんておもしろいんだ[exclamation]」と感激した時には既に遅く、『2』はたしか日比谷の大きな映画館で観たものです。

さて『ダイ・ハード4.0』。

この手の(映画の原作という意味で)を読む際には、永遠のテーマと目され、かつ答えが得られない事柄があります。それは

「観てから読むか? 読んでから観るか?」

というもの。

(ご記憶の方も多いと思いますが、このフレーズ、二昔も三昔も前に角川が流行らせましたね。ボクも含めて、文庫本とタイアップした大量の宣伝に乗せられて『犬神家の一族』や『人間の条件』を買って読んだり、映画をご覧になった方も多いと思います)

もっともこの『ダイ・ハード4.0』は脚本をベースに書き起こされたものであるため、話は映画に忠実に進んでいきます。こういう本は絶対に「読んでから観る」方がいいです。読んでいるうちに映画のシーンが甦ってきますからね。言い方を変えれば、映画を2度楽しむようなものです[グッド(上向き矢印)]

しかし、例えば文芸作品のような場合。これは難しいです。
ボクの経験上、映画が著名な原作を凌駕するケースは稀と言ってよく、大概の場合がっかりするのがオチです

反論はあるでしょうが、その稀有な例は、邦画では、『砂の器』、『八甲田山』、越えないまでも並んだかなと感じるのが『大誘拐』
といったところでしょうか。ボクの知る限り、それくらいだと思います。
(もっともボクが知らないだけで、このような例はもっとあるとは思っています。あったら是非教えてほしい。観たいし読みたいです、ボクは

洋画ではやはり『風と共に去りぬ』が不滅のNo.1でしょう。ちなみに『ランボー』と『ダイ・ハード2』はごくごく短い短編を膨らませまくって大作アクション映画に仕上げています。ハリウッド恐るべし[あせあせ(飛び散る汗)]です。

少ないでしょうがこの本を読もうと少しでもお考えの方、まずはDVDなどをレンタルし、映画を観てからにしましょう。絶対に楽しめます。ボクが保証します[わーい(嬉しい顔)]

※観てから読むという条件付きで、しかも映画がめっちゃおもしろかったと思えた人に限り
 ★★★★★

それにしても・・・・せっかく今日は「いい夫婦(11/22)の日」なのに、全然関係ないネタやったな~[もうやだ~(悲しい顔)]

 


文庫本購入 [本(その他)]

1軒目、ない。

2軒目、またない。

3軒目、やはりない。

4軒目、おかしいなぁ~、まだ出たばかりのはずなんやけど~。だって9月の新刊やで (´д)

5軒目、「すみません。この本ないですか?」「調べてきます。・・・・・・すみません。売り切れでした」 

ガクッ (T_T) orz

結局Amazonで購入、今日届きました。どうしても読みたかった、この1冊。

 s-IMG_1210.jpg

この事件についてはあまりにも有名で、何度となく報道されてきました。ここではそこへの言及は避けますが、ボクは全面的に本村氏を支持していることは明言しておきます。同じ立場に自分が置かれたとき、どう行動するか? それを思うときボクは、本村氏の行き方に言いようのない凄みを感じます。

・・・・・・

ついでといっては何ですが、一緒に中古本を4冊買いました。

s-IMG_1213.jpg

 

ここには、ボクの好きな作家がずらり(^^) 

特に宮部みゆきはマイブーム。最近、片っ端から読んでいる感じです。

 

でも・・・・やっちゃうんだよなぁ~、パソコンの画面だけ見て買い物をすると。

それに・・・・買った本は早く読まないとなぁ~。

でないと、こういうことになる・・・・(泣)[たらーっ(汗)]

 

s-IMG_1212.jpg

 


本(その他) ブログトップ