So-net無料ブログ作成
野菜たち ブログトップ

〔緊急事態発生〕 ~田んぼのダテ足崩壊~ [野菜たち]

前代未聞の事故が起こりました。
私でもう30年くらいは米作りをやっていますが、こんなことは初めてです。台風が来ても倒れたことがなかったのに、何でこんな無惨な姿に・・・・[がく~(落胆した顔)]


これはウチの田んぼではなく、一緒にやっている親戚の田んぼなのですが、刈った稲を掛けているダテ足が崩壊し、垂れ下がった稲が地面に着いている状態。このまま放っておくと米から芽が出て、とてもじゃないですが食べられなくなってしまいます。
1.信じられない.jpg

この状態から判断するに、稲を掛けているために横にしている太い木材(「カク」と呼んでいます)が途中で折れたと考えられます。それで一気にそこに力がかかり、こうやって折れた方に倒れ掛かってしまったと。
折れた原因は、カク自体がもともと弱っていたのに加え、水を吸った稲が重く、かつ稲刈り後も降り続いた雨でさらに重みを増し、その重量に耐えきれずにボキッと逝ったというのがまず間違いのないところでしょう。
2.無残な姿.jpg

対処方法は・・・・ありません。
また一からやり直すしか手はありません。この量をとても一人でできるはずもなく、作業はみんなの揃う日曜日(10/22)になります。間の悪いことに、折から台風21号が接近中。またもやカッパを着て、汗と雨と泥にまみれる日曜日を過ごすことになるのでしょう。


あ~、気が重い・・・・[もうやだ~(悲しい顔)]

それにしても、稲刈り後にこんなに雨が続くなんて、少なくとも私の記憶にはありません。刈る前から、太陽を見た時間って今年は本当に少ない。おかげで枝豆の生長も遅く、実が入らない(←豆が大きくならないことをこう言います)。間違いなく異常です。

nice!(11)  コメント(4) 

ミニトマト (3) [野菜たち]

ベランダで育てていたミニトマトが、とうとう採れました。
とはいえ、小さい小さい。それに酸っぱい。甘みがありません。
実家の田んぼ脇の畑で作ったミニトマトはもっと大きくて甘くて、はやい話が
美味い[ぴかぴか(新しい)]
2.1個め.jpg

同じような土を使っていながらこの差は・・・・やはり陽当たりでしょうね。
ウチのベランダは決まった時間にしか太陽が差し込まず、また当たっている時間も長くありません。植物は陽の光をいっぱいに浴びて生長するのだから、今のままで大きな実をつけろ、というのは酷な話なのかもしれません。

ベランダ植えのミニトマトは、畑のものとは樹の太さが倍以上違います。植物としての勢いが違う。ベランダ植えは線が細く、これではダメですわ。
1.ヒョロヒョロ.jpg

まあ花は咲いているのでこれからも実は生ると思いますが、おそらく大きくはならないだろうし、甘みもないでしょうね。
これは今回は失敗だったかもしれません。悔しいな~[ちっ(怒った顔)]


ミニトマトを作る (その2) [野菜たち]

先週の日曜日にウチのベランダに移動させたミニトマト。
隣りに棒を立て、下部をヒモでくくりました。倒れ防止のためです。
1.少しは大きくなったが.jpg

多少背は高くなりましたが、それでもまだヒョロヒョロ。実家の畑で育てているのとは、とにもかくにも太さが全然違います。そりゃあ、ここはあまり陽当りがいいとはいえないベランダですし、何より土台が違う。やはり地植えは強いです。
それに葉が黄色くなっているのもなんかおかしい[ふらふら]
2.まだひょろひょろ.jpg

トマトの花です。身はこの花が落ちた後に生ります。
3.花が咲く.jpg

そしてこれが花のつぼみ。
4.花のつぼみ.jpg

!!!

5.!.jpg

おいおい、もう実が生っているがな[ぴかぴか(新しい)] 今、気が付きました[わーい(嬉しい顔)]


ミニトマトを作る (その1) [野菜たち]

GW最終日の昨日、田植えのための籾を洗いました。今年も米作りが始まります。

ただ今回から連載する主題はそれではありません。
田んぼ脇の畑部分で去年も作った
ミニトマト
を今年は自宅ベランダで作ってみようと思い立ち、思い立ったが吉日、さっそく実家近くの種苗店で苗を購入、プランター(花用)に苗を植え付けました。

※当日はデジカメを持っておらず、ケータイのカメラを使ったためにショボイ画像になっておりますが、ご了承ください。

1.植え付け後.jpg
(これはまだ実家での画像。本日現在、まだウチのベランダではなく、実家にあります。今週土曜日に移動予定です)

土ですが、大半は田んぼの土を使っています。
そこに投入したのは
・肥料(鶏糞、油かす)
・砂(水はけをよくするため)
・さらぬか(籾を脱穀したあとのガラ)
素手でこれらを混ぜ合わせ、自作の培養土を作ったわけです。

で、そこに買ってきた苗を土ごと植え付けました。

ミニトマトの品種は [右斜め下]
2.「千果」という品種.jpg

育てやすく、たくさん実が生る品種とのことです。

さあ、これからどういうふうに育ってどんな実が成るでしょうか。その成長を見守っていきたいと思います。私もとても楽しみです[るんるん]


9月5日の稲 [野菜たち]

過ごしいい季節になってきました。 皆さま、いかがお過ごしですか?

私ですが、今年の春にちょっと大きな出来事があって、それがこの晩秋に一息つくまでなかなか気忙しい日々が続いています。

そんな私たちを尻目に、息子は長野に自転車旅行に旅立ちました。ここ数日の間に、渋峠を越えるそうです。渋峠といえば私にとっては志賀高原のゲレンデのひとつがある所であり、空いているのでガンガン滑ることができる穴場です。

話が横道に逸れました。

あれから2週間、稲は無事出穂しました。とはいえ前回(8/23)報告の数日後には穂が出ており、今日、いや昨日はこんな立派に、それらしい姿を見せてくれました。
今、稲の花がほぼ満開で、それゆえ雑草を取りに田んぼの中に入った私は花粉症でクシャミの連発で、しばらくは交互にこんな顔をしていました→[がく~(落胆した顔)][もうやだ~(悲しい顔)]

出穂.jpg

それと、長らくご覧いただいていた1本植えの苗のその後と、通常植えの苗のその後を並べて撮影してみました。
もはや1本だったとは.jpg

もはやどちらがどうだったか、わからないでしょ? いやはや、稲とはたいへんな植物です。あらためて感じます。

さてお次は順調に育つ枝豆。今年は比較的タイミングよく雨が降りますので、水遣りが楽でいいです。
あと1か月くらい?.jpg

横に渡した紐は、転倒防止のため。
それにしても・・・・う~~~ん、無農薬の宿命とはいえ、相変わらず葉っぱの虫食いが多いですね[ふらふら]

枝豆の花は枯れていました(ピンボケ、すみません[たらーっ(汗)])。しかし、これでよし。ちょっと信じがたいことですが、枝豆の実はここから出てきます。
これが豆になる.jpg

毎年のタイミングですと、実が成るのはあと1か月強といったところでしょうか。楽しみです[るんるん]

それと、稲刈りは10月10~11日の予定です、今のところは。


8月23日の“稲” [野菜たち]

こんにちは。
最近は忙しく、夜は時々ネット友のブログやHPを覗くのが精一杯。暑くてやる気が減退しているのも一因となってますかね[ちっ(怒った顔)]

こんなに暑くても、いや、暑いからこそ稲は育ちます。水分は根元にたっぷりと確保されていますから、この時期は暑い日差しが成長の源。で、今日(8/23)はこうなっていました。

もはや「苗」とは言えなくなってきていますので、今後は「稲」と呼ぶことにします。
1.緑が濃い.jpg

これは1本植えのものです。
2.1本植え.jpg

根元。もはやこれが、はじめは1本の細い苗だったとはとても思えません。
3.これほどの分けつ.jpg

その中に、1本だけ出穂しているものを見つけました。わかりますよね?
4.出穂?.jpg

ところがこれは、ウチが植えているヒノヒカリの苗ではないんですな。おそらくは早稲(わせ)の品種の種(籾)が、紛れ込んでいたのでしょう(毎年、籾は農協から購入しています)。普通に起こり得ることですので、「あ~今年もあったか」というようなもんです。

ちなみに早稲の品種は、今はこんな状態。これでウチよりたしか2週間前くらいに植えられた田んぼです。
5.2週間前に植えた稲.jpg

さて次は枝豆にいきましょう。
前より随分成長しました。何もしないと転倒しますので、杭を打ち、紐を通して支えるようにしています。

6.枝豆.jpg

これは新芽です。これが葉に成長していくわけです。枝も含めて産毛がスゴイのがわかるかと思います。この産毛で空気中の水分を吸収し、乾燥に耐えるのです。トマトやキュウリにも同じような産毛があり、根からの水分の吸収を助けています。ま、夏野菜の典型みたいなもんです。
ちなみに葉に大きな穴が開いていますが、これは虫に喰われたもの。豆系の木の葉は甘いので、虫が好んで喰います。無農薬だから仕方ありません。見つけたら駆除はするのですが、追いつきません。
無理[exclamation] 
7.新芽と産毛.jpg

でも無農薬の野菜は・・・・やっぱり美味しいんですよ~[かわいい]
秋のいっときの楽しみのために、この暑い時期、せっせと水を遣ってます。
(最近は定期的にまとまった雨が降るので助かってますが[わーい(嬉しい顔)]


8月2日の苗 [野菜たち]

お盆休みも後半戦、今日は少し曇りがちな天気です。でもやはり暑い。先日タイに出張に行った同僚が、「タイより日本の方が暑い」と言っておりました[ちっ(怒った顔)] げんなりですね・・・・

さて前回より随分日が空いてしまいましたが、これは8月2日の状態です。もはや苗とは言えない大きさに育ってきました。
1.いつものショット.jpg

いつもの通常植えに、
2.普通植えの苗.jpg

こちらは1本植え。
3.1本植えは.jpg

水が抜けて、地肌が見えていますね。まだひび割れてはいません。
この3日後の8/5に、一旦水を入れました。

さてこちらは枝豆の木です。まだまだ小さい。
5.枝豆の若木.jpg

さて、先日久しぶりに麺人ばろむ庵さんで、まぜそばを食べてきました。
6.久しぶりのまぜ麺.jpg
7.ベビーリーフと揚げ麺.jpg
8.ブロックメンマとブロックチャーシュー.jpg
9.玉子をつぶして.jpg

 一口食べてみて・・・・「こんなに美味かったけ?」 
しばらく食べていなかった自分に反省です(苦笑)

[右斜め下] まぜまぜした状態。この後、美味な時間にしばし時を忘れました。
10.完成.jpg


今日の苗(2日分) [野菜たち]

こんにちは。暑い日が続きます。こればかりは体が慣れるということがありません[ふらふら]
先週の日曜日は、親戚の田んぼに蔓延(はびこ)っていた「つる草」と呼んでいる雑草を除去するために田んぼに入り、もうくたくたになってしまってPCどころではなく、終了後はずっとぐったりしていました。

というわけで、今回は19日と今日26日の2回分をご覧いただきたいと思います。

まずは先週、7/19(日)[晴れ]
2.定点観測.jpg

こちらは通常植えの方。
3.順調に育ってます.jpg

そして、1本植えはこうなりました。数えてみたら10本以上になっていました。
4.10本以上になりました.jpg

[右斜め下] ちなみにこれが除去した雑草のつる草。運んだ量と回数を考えると、おそらく100kg以上はあると思います。
形が非常に苗というか稲に似ているため、この中にはきっと間違って引き抜かれた
苗も混じっていることでしょう。
1.大量の雑草取り.jpg

さて、次は今日(7/26)の午前に撮影したものです。今日は朝から酷暑状態・・・・[がく~(落胆した顔)]
上の画像と是非見比べてみてください。
1.どんどん育つ.jpg

[右斜め下] 普通植え。
3.普通のヤツ.jpg

そしてこれが1本植えの苗。先週は10本強といったところでしたが、今日は15本くらいになっていたと思います。
2.10本オーバー.jpg

今日から田んぼを干します。まずは溜めていた水を捨てる。
おそらく全部を出すには丸1日くらいはかかるでしょう。あとはそのまま10日~2週間ほど放置です。ただ、ウチの場合とても水はけのいい土地なので、1週間くらいで十分かな。
今週はずっと晴れで高気温が続きそうなので、十分乾くでしょう。この間、稲の根は水を求めて下へ下へと伸びて立派な根を張り、やがて台風にも負けない丈夫な稲に育ちます。

4.今日から干します.jpg

最後。これは枝豆の若木です。こないだ掘ったじゃがいもの後に種を撒いたものが芽を出しました。
これが秋には実をつけ、美味しい黒豆に変わるのかと思うと・・・・楽しみだぁ~[わーい(嬉しい顔)]

5.オマケ:枝豆.jpg


7月12日の苗 [野菜たち]

こんばんは。1日遅れになってしまいました。

今日の大阪、奈良は特別暑かったです[ふらふら] タマラン・・・・
セミの鳴き声を、今日は朝から特に意識させられました。

さて、昨日(7/12)午前中の田んぼの様子です。今は特にすることもなく、やるとすれば水の管理くらい。それもうまい具合に、欲しいときに雨が降るという、実にタイミングのいい降雨のおかげで現在は必要かつ十分な保水量を保っています。

それではいつもの決まった地点からの画像です。
1..jpg

先週より低い位置から撮っているのでより緑が濃くなっていますが、実際もこんなもんです。

次は普通の植え量の分。先週とあまり変わらないか、いや少し増えているかな?
2..jpg

そして1本植えです。角度が悪いですね[たらーっ(汗)] 逆光だし。こりゃあ見づらい・・・・。
3..jpg

でも、やはり分けつして増えています、間違いなく。

それにしても成長が早いです。見比べればよ~くわかります。
これから暑くなり、陽がガンガン射すようになると光合成が進んで加速度がついて大きくなっていきます。

ま、その頃には水を抜いて一旦田んぼを干すという手間がかかります。
(→これによって根を深く張らせ、台風が来ても倒れないようなしっかりした稲にするのが目的です)


7月4日の苗 [野菜たち]

大阪は朝から小雨が降り続き、実に梅雨らしいお天気です[雨]
例年、雨が少なく田んぼの保水について悩ましい気分を味わってきたことを思うと、この雨は気を楽にしてくれます。世間の大半の方には鬱陶しい梅雨ですが、喜んでいる人もいるということを、ほんの少しでも頭の片隅に置いておいていただけたら何となくありがたいです。

さて、田植え後3週間の田んぼです。植えて1週間後くらいはまだ危なっかしかった苗も、どんどん分けつしてかなりしっかりしてきました。

1.からり増えてきました.jpg

そしてこれは機械植えの方。先週のものと見比べていただければ、いかに稲という植物の成長が早いかがわかると思います。色も全然違うでしょ(^^) 今週の方が緑が“濃い”です。
2.普通の機械植え.jpg

そして1本植えの苗。画像ではわかりませんが、根もかなり張っていました。そして4本に増えています。
先週撮ったのはこの奥の方の苗ですね。
(向こう側にあるのは、先週の撮影後、手で植えつけた苗)

3.1本植え.jpg

今日はこの後、久しぶりに竹麺亭さんに行ってきました。
いただいたのは、1番人気の「濃厚魚介つけ麺」。麺は300g。
やや酸味の効いたドロ系に近いつけ汁はよく麺に絡み、300gの麺を完食する頃にはほとんどなくなっていました。美味しかったな~、久しぶりに[わーい(嬉しい顔)]
5.久々、竹麺亭の.jpg
6.濃厚魚介つけ麺.jpg
7.レアチャーシュー.jpg

画像がなぜか白っぽいのですが、ほんとはもっと色が濃いんですよ。

さ、これから「ラーメン大好き小泉さん」だ[exclamation×2]
と思ったら、私が行ったことのある「らーめんほりうち 新橋店」じゃないか[ぴかぴか(新しい)]


じゃがいもを掘った [野菜たち]

こんにちは。
ご無沙汰しておりました。5月末から6月にかけて仕事がことのほか忙しく、それに恒例の田植えが加わって休みがない状態が続き、家に帰ってもパソコンを開くことが億劫な、そんな日々でした。

さて、今回の芋掘りは先週日曜日のできごと。ほとんどの芋はその前の週に掘っていたのですが、この日に掘ったのは日陰になる時間が長い箇所に植えられていた残りの分です。今年のじゃがいもは男爵です。
こんな低い木(?)の根にじゃがいもはその実を膨らませます。
1.芋の木.jpg

一旦片側に木を寄せて、
2.めくるようにして.jpg

向こう側に備中鍬を打ち込み、ぐっと引き起こすと、出てきました、男爵いも!
3.掘り起こした.jpg

木が大きいと入っているじゃがいもも豊作でしたね。逆に木が小さいとあまり入っていません。

ジャガイモの横に赤茶けて見えるのは肥料。根菜を作る場合は土とよく混ぜないとアカンのですが、手を抜いたらこんなふうに残ってしまっていました。これは肥料が本来の役目を果たしていない、ということ。来年は気をつけなきゃ、です。
4.大小さまざま.jpg
5.ちょっと少なかった.jpg

今年は大きなヤツと小さなヤツに分かれ、中途半端な、つまり一番店頭に並びそうなじゃがいもは少なかったように思います。
野菜ってなんでもそうですけど・・・・この普通は捨てるような小さなじゃがいもが、塩ゆでしたら絶品のビールのアテなんですよぉ~~~[ビール]

さて田植えです。
13日(日)に機械植えが終わりました。これは2週間が経った今日の写真。

9.田植え後2週間.jpg

今年は、1本植えの苗について半年間追跡したいと思います。
機械植えだと(手で植えても)、通常はこのように数本をまとめて植えるのですが、
8.これが普通.jpg

[右斜め下] これが先週の土曜日、あえて1本だけを6/20に植えたものです。
わずか1週間でもう分けつしているのがわかります。
7.1本植え.jpg

これが10月半ばの稲刈り時にはどう成長しているか、楽しみに見ていきたいと思います。

こうでもしないと定期的にブログを更新しないもんな~、私は・・・・(苦笑)

オマケ】
お釣りでもらった100円玉の中に本年製のものがありました。さすがにキレイでしたわ[ぴかぴか(新しい)]

6.オマケ.jpg


自然のいたずら? [野菜たち]

先日、こんな大根をもらいました。くださったのは、道の駅にも野菜を卸している農家の方。
味はなんともありませんが、これではまず売り物になりませぬ(^^;

どうです?.jpg

まあ何ともセクシーな大根でしょ~[わーい(嬉しい顔)]


出穂と枝豆 [野菜たち]

こんばんは。

今年はほとんど触れることのなかった米作りですが、ほぼ順調に進んできています。
とはいえ、実は春先の苗作りに失敗し、うまくいかなかった面もあるのですが、まあ何とか持ち直したかな、という感じ。

[右斜め下] 水路沿いの稲。スズメ除け用の金色銀色のテープが翻っています。今年はいつもの竹竿を立てて糸を通し、このテープを括り付けるやり方を止め、田んぼの周囲を囲うようなやり方に改めました。この方が設置が楽だし、効果がありそうですので。(→実際にスズメが喰うのは田んぼの端部、周囲の箇所が多いのです)
1.実りつつあります.jpg
2.まだ青いけどね.jpg

稲刈りの予定は10月中旬。水は今月下旬までは必要。10月の声を聞けば水を切って稲刈りの備えに入ります。

[右斜め下] こちら、田んぼの脇で育てている枝豆・・・・いわゆる丹波の黒豆です。
今夏の異常な暑さを乗り越え、無事大きく育ってくれました。私も会社のお休み中は毎夕方、水遣りに通いました。
3.こちら枝豆.jpg

育ち過ぎを防ぐため(放っておくと養分が分散してしまい、肝心の実が成らない)、上の方は伐ります。

それにしても、無農薬で育てると葉っぱはこんなふうになってしまいます。枝豆に限らず豆物の葉っぱは甘いらしく、虫の格好のエサになるんですな。虫には悪いですが見つけたら有無を言わさず処分しておりますが、キリがありません。
4.虫の餌食.jpg

今回はやたら緑緑している回になりました[わーい(嬉しい顔)]


小玉というスイカ [野菜たち]

小さなスイカをもらいました。今年はスイカをもらう機会が多く、全然買わずに済んでいます。
以前は実家が大玉をドカンと1個もらい、半分に分けていただきました。

今回いただいた小玉。まずは包丁で両断[exclamation]

隣りに置いたテレビのリモコンと比べると、その大きさのほどがわかるかと思います。
1.小玉.jpg

ここまで小さいとスプーンでいただく方がいいと考えました。
2.小玉.jpg

甘くてジューシー、とっても美味しいスイカでした。果汁が滴っているのがわかります?

ところでこのスイカという食べ物。野菜なのでしょうか、それとも果物?

Wikipediaで調べてみました。
曰く、
果実は園芸分野では果菜(野菜とされるが、青果市場での取り扱いや、栄養学上の分類では果物あるいは果実と分類される。

結局どっちかようわかりませんな(^^[たらーっ(汗)]


おのれ、カラスめ・・・・(怒) [野菜たち]

おはようございます。

2週間前に始まった田植えが、昨日よやく一段落つきました。今年の梅雨はまとまった雨が多くて、被害を受けられた方々には申し訳ないのですが、兼業農家のウチはずいぶん助かっています。
テレビなどで、よく「鬱陶しい」だの「じめじめ」だのと言われて敬遠されているイメージの強い梅雨ですが、われわれ兼業農家にとって決して鬱陶しいものではありません。むしろ、無くてはならないものなのです。この時期、地域にもよりますが、田んぼに水は欠かせませんから。

さて、その田んぼの脇でオフクロが作っている、これはかぼちゃ(南瓜)です。

可哀想なことに、無残な姿になっていました[もうやだ~(悲しい顔)]
1.うわ・・・・.jpg
2.む、無残・・・.jpg

犯人は、そう、カラスです[爆弾] くっそう、毎度毎度作物が生る直前を見計らって喰いにきやがって・・・・本当に腹が立つ[むかっ(怒り)] 見つけたら、正直、撃ち殺してやりたいです、ホント[パンチ]

(※一番腹が立つのは、人間が大根なんかを引き抜いて行くことですが。もし捕まえることができたら、こいつはボコボコにして警察に突き出してやります[exclamation×2] 絶対に許さない[爆弾]

さて、このように葉の陰に隠れているかぼちゃは・・・・
3.隠れているものは.jpg

まったく問題ありませんでした。カラスの野郎も、そこまでは眼がよくないようです。
4.大丈夫でした.jpg

ミニトマトにも一部に被害がありましたので、このようにカバー(「寒冷紗(かんれいしゃ)」と言います)をかけました。このカバーは本来、寒さ除けや日除けに使うのですが、今回はカラス除けに流用しました。
(右側の作物はキュウリ。ブルーム(=表面の小さなトゲ)たっぷりのタイプです。一番下に小さいものが生っていますね)
5.ミニトマトにはカバー.jpg

ミニトマトは、そろそろ最盛期です。採りたては抜群に美味しいんですよ~[るんるん]
6.もう食べれれます.jpg

一仕事を終えたあと、ラーメンを食べに奈良まで遠征してきました。
わざわざ奈良まで? はい、奈良まで(^o^) 

行ったのはもちろんこのお店[かわいい]
7.昼食は奈良に.jpg

このブログには久々の登場ですが、載せていないだけで実はほぼ毎月通っています。 

私にとってはもはや安定した美味しさ[グッド(上向き矢印)] 家からは軽く1時間以上かかるのですが、大阪から奈良まで足を延ばして後悔をしたことは一度もありません。いつも、「来た甲斐があった[ぴかぴか(新しい)]」と思わせてくれます[わーい(嬉しい顔)]
8.もはや安心の美味しさ.jpg

五臓六腑に染み渡る豚骨鶏ガラ魚介スープに全粒粉平打ち麺、材木メンマにレアチャーシュー、そして半熟煮玉子にベビーリーフ・・・・奈良にも美味しいラーメン店が続々とオープンしていますが、私はここのが一番好きだな~[揺れるハート]


今日はじゃがいも掘り [野菜たち]

久しぶりに畑のお話です。

田植えを今週土曜日(6/15)に控えた今日、朝からじゃがいもを掘ってきました。

これは掘る前。じゃがいも(男爵)はこの根に生っています。

土がほどよく乾いており、備中鍬で掘り起こす必要もなく、地上茎を手で引き抜けばOKでした。
1.掘る直前.jpg

根にいもが付いている状態を撮るのを忘れてしまいましたね[爆弾][ちっ(怒った顔)]

で、根にくっついているじゃがいもを取ったらこうんなふうに。。
今年は形のいいのが入っていました。小さいのも少なくて。
2.入ってる♪.jpg

これなら豊作と言っても過言ではないでしょう[グッド(上向き矢印)] 形も大きさも、今年はいいじゃがいもができました[るんるん]
3.なかなか豊作.jpg
4.こりゃあなかなか.jpg

[右斜め下] これは小さな芋ばかりを集めて撮影[カメラ] 
普通こんなのは売り物にならないので捨てるのですが、これが実はとても美味しいのです[揺れるハート] 土の風味がほのかに香り、じゃがいもの美味しいエッセンスが凝縮した感じ。
洗って塩茹でして(蒸してもGood[かわいい])、そのまま塩を振り掛けていただくと絶品[exclamation×2] もちろん切れ目を入れてそこにバターを溶かせても美味。ビールの最高のアテになりますよ[ビール] ドイツ人がじゃがいも大好き、というのがよくわかるってもんです[わーい(嬉しい顔)] 
ちなみに皮は剥いた方がいいですが、剥かなくても問題ありません。

5.小さないも.jpg
(画像の一番下に茶色いイモがありますが、これは種イモです。ここから芽が出て大きくなっていきます)

[右斜め下] そして、これが今日採れたじゃがいもの中で最も大きなサイズ6.これが最大.jpg

これらのじゃがいもたち、カレーになり、肉じゃがになり、ポテトサラダになり、鉄板焼きなり・・・・・しばらくは自家製じゃがいもで楽しめそうです[わーい(嬉しい顔)]

これは、今日の午前10時過ぎに撮影したきゅうり
歪なかたちをしているでしょ? これは地中の水分を吸い上げている途中と推察されます。つまり、収獲するにはまだ早いですが、夕方にはちょうど採れ頃になっているという状態。7.太っている最中のキュウリ.jpg

これが明朝だと膨れ上がってしまって、もう食べられません。実はこれでも収獲が1日遅れたかも、というタイミングではあります。


採れたての野菜たち [野菜たち]

今日用事があって実家に行ったら、野菜をいっぱいもらいました。

[1]小芋・・・・里芋ともいいます。一緒に米を作っているおじさんにいただきました。

「木」とは言わないな、こういものの根になっているわけですが・・・・。
トトロがバス停でバス待ちをしているときに傘代わりに使っていたアレですね(^o^)

1.小芋の木?.jpg

根元はこんなに太い。・・・って、よくわかりませんかね(笑)
2.根元.jpg

稲を刈る鎌で根元をぶった切りました。ふ、太い・・・・[がく~(落胆した顔)]
3.鎌でぶった切った.jpg

掘り起こすと・・・・小芋がゴロっと出てくるわけですが、この時点ではただの土の塊りにしか見えません(^^;4.土の塊り.jpg

この土の中で、親芋、小芋、そして孫芋が、くんずほぐれつの大混乱状態(笑)
これを1個ずつバキッ、ボキッと取っていくわけですが、なんとこの塊りの中にこれだけの芋が入っていました。
小芋、孫芋ひっくるめて約30個[exclamation] 
これはそうとう食べ応えがあります。
5.一株にこれだけ.jpg
6.凄い量.jpg

[右斜め下] これが小芋+孫芋の状態。 
7.小芋+孫芋.jpg

小芋を上手く育てるには、土に常時湿気があることが大条件。今回の小芋は田んぼのすぐ脇で作っていたため、その条件に全く適したシチュエーションでした。実際、付いている土に水気が多いのがわかりますでしょ。

この小芋、ねっとりとしてて本当に美味しいんですよ[るんるん] 煮っころがしがいちばん美味しい[グッド(上向き矢印)]

[2]大根は2本もらいました。
成長するとこんなに土から盛り上がって、「早く採れよ」と催促しているよう。
8.大根.jpg
9.2本もらった.jpg

[3]ほうれん草。今夜の鍋に使う予定です[わーい(嬉しい顔)] 上の大根もね[グッド(上向き矢印)]
10.ほうれん草.jpg

[4]。帰宅後さっそくいただきましたが、ジューシーで美味[かわいい] 最近の若い人は柿を食べなくなったそうですけど、そりゃあもったいないというもんですよ。こんなに美味しいのに。
11.柿.jpg

[5].黒豆です。米作りレポートの際に並行して紹介してきた丹波の黒豆ですが、今はこういうふうになっています。
現在天日干しの最中。これらの中から、姿のいいものを来年の枝豆作りの種とし、残りの正月のおせち料理の黒豆に使います。あの、薄皮を剥くと鮮やかな緑色だった豆がこうですから。これが来年また芽吹いてあのおいしい枝豆になるのですから、まったく植物の力というものは人知を超えたところにあるようです。
12.枝豆が・・・.jpg
13.来年のために.jpg

野菜。いいですね。新鮮でおいしい野菜をいただける幸せを噛みしめて今夜のウチは鍋です[ビール]
(そういえば白菜もいただきものでした)


いただいた野菜たち [野菜たち]

先日。

叔母の法事が奈良でありました。
父のいないボクはオフクロと一緒に出席。

法事は滞りなく済み(坊様は遅刻してきましたが^^;)、その際のお呼ばれで昼食を摂ったのは信貴山観光ホテル[いい気分(温泉)]ここ、メタケイ酸含有のいいお湯が出るらしいんですな。

これはちょっと拷問に近いものがありました(ーー)

昼食もいいですが、ボクは温泉に浸かりたかったな~~~[もうやだ~(悲しい顔)]
でもまさか親戚一同の揃う食事の最中に

「温泉入ってきますわ~[いい気分(温泉)]

なんて中座できるわけもなし・・・・[ふらふら]

[いい気分(温泉)][いい気分(温泉)][いい気分(温泉)][いい気分(温泉)][いい気分(温泉)][いい気分(温泉)][いい気分(温泉)]

さて本題。

ウチの親戚はウチ以上に野菜を作っています。
ですから、法事などでしばらくぶりに会うと、
「○○できてるから持って帰れや」
という声がかかります。

断る謂れは無し[exclamation] もちろん喜んでいただいて帰りましたよ[わーい(嬉しい顔)] 

ではご覧いただきましょう、この日いただいた野菜たち

まずはです。こんなに大きいのは珍しいらしい。2.蕪-(1).jpg3.蕪-(2).jpg

見栄えはかなり悪いですが、これは里芋。小芋ともいいますが、ねっとりした味わいが堪えられません[わーい(嬉しい顔)] 揚げと一緒に煮た煮物がボクの好み。4.里芋.jpg

こちらは白菜大きさを比較してもらうために缶ビールを置いてみました。でも、スーパーで売っているの白菜の方が大きいような・・・・(^^;

(意味ないがな・・・・[たらーっ(汗)]) 

この白菜はオフクロと半分ずつにして分けました。鍋の具材になることが確定しています(^^)5.白菜.jpg

こちらは自家製の無農薬キャベツです。畑にて撮影。さすがにオフクロもここまで虫に喰われたヤツは他人にはあげるわけにはいかず、ボクがもらいました。近日中にこれを使ってお好み焼きです。この季節、牡蠣を入れたお好み焼きがウマウマ~[exclamation×2]1.冬キャベツ.jpg

それにしても虫どもめ、貪欲な奴らだぜ[むかっ(怒り)]

さて、以下の2枚をご覧いただきましょう。これは何だと思いますか?6.黒豆.jpg7.黒豆-(2).jpg

1枚目の画像にヒントというか答えが写っているのですが、実はこれ枝豆なのです。
例の丹波の黒豆が天日で干されてこうなりました[晴れ] 
(前回の画像)
枝豆のときは楕円形状なのですが、乾燥が進むとこのように丸くなっていくんですな。ボクも初めて知りました。

この豆、正月のおせち料理(黒豆の煮物)に使うものと、来年の枝豆の種に使うものとに分けるのだそうです。

さて、この日にいただいた野菜たち。楽しみです[るんるん]

(実はもういくつかは腹に入っちゃってるんですが・・・・^^;)


丹波の黒豆 (その4) [野菜たち]

さてこれはなんでしょう?枝豆乾燥中-1.jpg

答えはカンタン、あの丹波の黒豆の成れの果てです。収穫せずに残しておいた豆を、枝ごとぶら下げて天日[晴れ][ダッシュ(走り出すさま)]で乾燥させています。枝豆乾燥中-2.jpg

この、吊るされて乾燥した豆がしばらくの間眠りに就き、来年の枝豆になります。

不思議ですよね。乾燥してカラカラになった豆が、年を越えて来年の7月に土の中に埋められ、水をやると芽が出て枝になり、そしてまたあのおいしい黒い枝豆が生るのです。どこにそんな力が眠っているのでしょうか。
こんなとき、自然の神秘に思いを至らざるをえません。

来年、また報告させていただきますね[ぴかぴか(新しい)]  それまでしばしお待ちを[グッド(上向き矢印)]

※これを機に、「野菜たち」というカテゴリーを追加しました。これからは野菜作りも不定期にアップしていこうかと考えています。野菜は基本的にオフクロが作っていて、ボクは力仕事と食べるのが担当なのですが^^;、これからはちょっと頑張って野菜作りも手伝おうかと考えている次第[かわいい]


無農薬野菜4点 [野菜たち]

まぁ~、これをグルメというカテゴリで括ってしまうのはどうか、とは思うのですが、食べ物であることは間違いないですし、無農薬というのはひとつのブランドと化していますし、まーいいか(笑)

実は米を作っている田んぼの脇の小さなスペースで、無農薬野菜を作っています。作っているのはもっぱらボクのオフクロ。完全に趣味の世界です。日々少しずつ育ってゆく野菜たちを見るのは、ひとつの喜びだそうです。だから、葉に付いた虫を一匹ずつ除去できるんでしょうね。もの凄い手間だと思います。

この画像は、左からキャベツ、大根、にんじん。(左上端にはほうれん草、右上端には来年の種用に残してある枝豆がチラリ)1.野菜たち.jpg

[右斜め下] にんじん。葉はこんなに細密で、生い茂った感じになります。2.にんじん.jpg8.にんじん-2.jpg 

3.大根.jpg[左斜め下] 大根
育ってくると上部が地上に出て来るのですが、まだ細いですね。
食べられるまで、もう少し時間がかかりそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7.大根-2.jpg

[右斜め下] キャベツ。結構、虫に喰われています。すぐ近くで枝豆を作っていたので、どうしても虫が付きやすくなるんです。豆類は葉にまで養分があるため、すぐに虫が付きます。だから近くでキャベツのような葉物野菜を作るのはご法度なのですが、土地が狭いのでそんな事は言ってられません。4.キャベツ.jpg6.キャベツ-2.jpg

[右斜め下] 最後にほうれん草。これも虫にやられています。5.ほうれん草.jpg

キャベツはそろそろ食べ頃です。

え? 何に使うかって? そりゃあ大阪人、ここはお好み焼きでしょう[わーい(嬉しい顔)] 
あと、芯を塩で食べるとこれが甘味があって美味いんだよな~[るんるん]


丹波の黒豆 (その3) [野菜たち]

まー、気の長い話でタイトルを(その3)としましたが、実は(その1)(その2昨年の今頃のお話。
・・・・よろしければクリックどうぞ(^^)

今年もできました、丹波の黒豆。こいつを茹でて・・・・今夜は[ビール]だぁ~~[わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)]

実は金~土曜に降った雨のせいで、この土日にやる予定だった稲刈りが中止、恨みの延期となってしまいました[ふらふら]

昨日は朝から田んぼに溜まった水を抜く段取りをし、今日はようやく食べられるようになった枝豆を摘んできました。ほかに小芋も掘ったんですが、それはまた別のお話。

ウチで作っている枝豆です。一部だけですが撮影 [カメラ] 
(天気がいいの、わかります? 今日は快晴です[晴れ] 雨さえ降らんかったら・・・・ったく、もったいないです[もうやだ~(悲しい顔)]

葉っぱ、めちゃめちゃ虫に喰われているでしょ。でも、言ってみればこれが普通。だって、虫も喰わない葉っぱの枝に生(な)る枝豆って、ある意味怖いとおもいませんか?1.枝豆-1.jpg

では、枝豆の生っている箇所をズーム。
うわっ、葉っぱが1枚完全に枯死してますな~[がく~(落胆した顔)] 
この画像で注目は、一番下に見える小さな蜘蛛。お嫌いな方もいらっしゃるでしょうが、こいつがおるということは害虫を喰ってくれているということ。
愛いヤツなのです(笑)2.ズーム.jpg

さらにズーム行きましょう[exclamation]3.さらにズーム.jpg

4.さらにズーム(2).jpg

以前にも紹介しましたが、産毛がスゴイでしょ? 
流通の過程で落ちるのか、気持ちが悪いという客のために落としてしまうのか、スーパーで買う枝豆でこんなに産毛があるものはまず見かけませんよね。

でもボクはこれが、いかにも露地物って感じで好きなんです[揺れるハート]

あと、やはり素人が作る枝豆ですので、ひとつのに3個入っているのは滅多にありません。肥料の置き方やそのタイミングとかいろいろあるようで、そこが素人には難しい[ふらふら] 
この画像でもそうですが、大体が1個か2個しか入ってくれません。

(それにしてもこの左下の葉っぱ、ひどい状態ですねー。「見事な喰われっぷり」とでもいいますか・・・・^^; 貪欲な虫もおったもんです(笑)






5.茹で上がり.jpgさ~て、それでは塩茹でをして、いただきま~す[るんるん] やっぱ枝豆は塩茹でに限ります。

アルミのザルがちょっと興醒めですが、ま、あくまで一般家庭ということで(^^;

ウチはいつも柔らかめに茹でます。







おー、産毛がしっかり残ってますね~[るんるん]6.さあ食うぞ.jpg

鞘から出した枝豆。薄皮を剝いたものとそうでないものを並べました。この黒っぽい色が丹波の黒豆の黒豆たる所以なわけです。7.内部です.jpg

もうサイコー[exclamation×2] ビール、否、発泡酒が進む進むのススムくん[ビール] スーパーの枝豆の甘味とは甘味が違うような気がするんですよねー[るんるん]8.発泡酒が残念.jpg

ごちそうさまでした。やっぱ美味かった(^o^) まだあと数回は食べられますので、楽しみはしばらく続きます[かわいい]


野菜たち ブログトップ